アーカイブ

‘まとめ・メモ’ カテゴリーのアーカイブ

【環境省】動物取扱業の適正化に対する意見の募集

2011 年 8 月 15 日 13:37 コメント 2 件

平成23年7月28日
動物取扱業の適正化について(案)に対する意見の募集(パブリックコメント)について(お知らせ)
http://www.env.go.jp/press/press.php?serial=14069
 
ω通信
 
ということで、久々にネットを覗いていたらこちらの記事を発見しまして
mano*mano project blog動物を取り巻く環境を変えるチャンスです! 8/27(土)必着

日本では2010年1年間で、
犬・・・64,061頭、猫・・・165,771頭、計・・・229,832頭
が殺処分されているという悲しい現実があります。

この23万頭の内、4匹に1匹は「大きくなって売れなくなった」「病気・怪我で売り物にならない」などの理由で
業者によって持ち込まれた動物達だと言われています。

そして、残りの20万頭は迷子で家に戻れなくなってしまったり、
動物と暮らす事について良く分かっていない飼い主によって飼育放棄されてしまった犬や猫なのです。

 
私の日常で一番目の当たりにするのは、引用文の最後の行の、その数にすら含まれていないやつらだし、業者さんのことについてもとんとわかりませんが、久々に繋いで目についたのだからこれも何かのアレだろうと思い、ここにも載せておくことにしました。
 

カテゴリー: まとめ・メモ タグ:

この家に連れて来られた日だそうです

2010 年 3 月 17 日 11:00 コメント 14 件


この家に連れて来られた日だそうです

 
こないだ右目をこすってしまってまだちょっと目ヤニがついていますが、ややこは相変わらずややこです。
 
【最近わかったこと】
ややが大好きな缶詰を欲しがった時、「食べすぎちゃうからちょっとだけだよ。」と言ってよそると、こちらの顔を見上げて、もう一盛り出ないかしばし待ってから渋々食べはじめます。
でも、「はい、大好きな缶詰山盛りね!」と言いながら、「ちょっとだけだよ」の時と同じ量をよそると、「わっ!」と勢いよく食べはじめます。

図解です

2010 年 1 月 7 日 14:46 コメント 4 件
図 1‐1 図 1‐2
図 1‐3 図 1‐4
カテゴリー: (生)再編, まとめ・メモ タグ:

移動して寝

2009 年 9 月 25 日 16:25 Comments off

アパートに戻る時は、ろくによるいたずら防止の為、仕事部屋を締め切って帰ります。
締め切る前に部屋を見渡すと、ややが寝ていました。
 
ω通信
ややを抱き上げて、「こっちで寝てね~」と、座椅子へポン。
 
ω通信
やや
「わかりました~。」
 
こうして、寝ているところを抱き上げて移動させて、言われたままの場所で寝るのはややだけです。ヨレは移動さると不満顔で起きちゃうし、くろべぇはまず抱き上げる前に起きちゃうし、ろくは「こっちで遊ぶの!?」と興奮してしまうし・・・。
 
座椅子に移動させられたややは、この数時間後、日が暮れてから再び実家に行った時もそのままの場所にいました。

カテゴリー: ダイアリー, まとめ・メモ, やや タグ:

ネコジャラシ棒ぐるぐるの法則

2009 年 9 月 7 日 15:51 コメント 5 件

ω通信
床に座って、こんな風にネコジャラシ棒をぐるぐると体の回りでまわして遊ぶことがあります。
これ、単純な割りにかなり本気モードになるし、こちらは座っていればいいだけなので楽して楽しめる遊びです。
 
ヨレはもうこの遊びはしてくれませんが、してくれていた当時と、まだしてくれる実家の三匹と合わせて比較してみます。


 
最初はみんなこうしてネコジャラシ棒を追って、体の回りをぐるぐると走ります。
ω通信
ヨレの場合、途中でハッと気がついて、ネコジャラシ棒がやってくるのを待ち伏せするようになります。
ω通信
で、そこからは逆回転になったりして騙し合いに発展していったりします。
 
ややの場合、これは待ち伏せなのか横着なのか諦めたのか、横になってせきとめます。
ω通信
そのまま回転させようが逆回転にしようが、ややのところを通ったらじゃれる、そんな遊びになります。
 
くろべぇもヨレと同じように待ち伏せ型になります。
ω通信
こちらの死角に入ったりするので、もう飽きてやめちゃったのかな? と思うと突然襲ってきたりするので侮れません。
 
で、ろくですが・・・
ω通信
どんなに回しても待ち伏せしません。ず~~~~~と一方向に追いかけ続けます。逆回転にしても、それに逆らって回っていたりします。
そして驚いたのが・・・
ω通信
ぐるぐるしすぎてテンションが上がり、そのまま廊下へ飛び出して走り抜け、隣りの部屋を通り抜けてぐるぐるの流れに戻ったことです。
 
みんなそれぞれ侮れません。

カテゴリー: まとめ・メモ タグ: