ホーム > まとめ・メモ > ネコジャラシ棒ぐるぐるの法則

ネコジャラシ棒ぐるぐるの法則

2009 年 9 月 7 日 15:51

ω通信
床に座って、こんな風にネコジャラシ棒をぐるぐると体の回りでまわして遊ぶことがあります。
これ、単純な割りにかなり本気モードになるし、こちらは座っていればいいだけなので楽して楽しめる遊びです。
 
ヨレはもうこの遊びはしてくれませんが、してくれていた当時と、まだしてくれる実家の三匹と合わせて比較してみます。


 
最初はみんなこうしてネコジャラシ棒を追って、体の回りをぐるぐると走ります。
ω通信
ヨレの場合、途中でハッと気がついて、ネコジャラシ棒がやってくるのを待ち伏せするようになります。
ω通信
で、そこからは逆回転になったりして騙し合いに発展していったりします。
 
ややの場合、これは待ち伏せなのか横着なのか諦めたのか、横になってせきとめます。
ω通信
そのまま回転させようが逆回転にしようが、ややのところを通ったらじゃれる、そんな遊びになります。
 
くろべぇもヨレと同じように待ち伏せ型になります。
ω通信
こちらの死角に入ったりするので、もう飽きてやめちゃったのかな? と思うと突然襲ってきたりするので侮れません。
 
で、ろくですが・・・
ω通信
どんなに回しても待ち伏せしません。ず~~~~~と一方向に追いかけ続けます。逆回転にしても、それに逆らって回っていたりします。
そして驚いたのが・・・
ω通信
ぐるぐるしすぎてテンションが上がり、そのまま廊下へ飛び出して走り抜け、隣りの部屋を通り抜けてぐるぐるの流れに戻ったことです。
 
みんなそれぞれ侮れません。

カテゴリー: まとめ・メモ タグ:
  1. 2009 年 9 月 7 日 16:24 | #1

    こなみはヨレっこタイプですが、たまにろくタイプ(遠隔地走行)になります。
    鳶朗は完全なややタイプです。というより、初めから追いかける気がありません。
    最初から、せき止めにかかります。

  2. ショー吉
    2009 年 9 月 7 日 17:19 | #2

    ろく、長期戦になるともたないぞっwww

  3. kutaya
    2009 年 9 月 8 日 16:22 | #3

    ウチのはしばらくグルグルした後、離れた場所に座り込みます。
    飽きたのかな?ってやめると、「やめるな!」と要求されます。
    再開すると、申し訳程度にじゃれた後、また離れた場所で監視の体勢。
    見守られながら一人ネコジャラシを振る私。
    …何のプレイですか(泣)

  4. 南風
    2009 年 9 月 8 日 17:10 | #4

    レッスンですかね?
    それはまた侮れないw

  5. えむち
    2009 年 9 月 10 日 17:50 | #5

    小さな世界ではおさまりきれない男(猫?)
    それがろくw

コメントは受け付けていません。