ホーム > ダイアリー > 不思議

不思議

2007 年 11 月 27 日 17:00

ω通信
ややとくろべぇも襖を開けられるようになってました。
父の部屋や仕事部屋の戸が10cmくらい開いている時は、二人のどちらかが出入りした痕跡です。
ヨレは、襖の隙間に手をねじ込み、後は頭で無理矢理隙間を広げて通っていきます。
ややは、襖の隙間に手をねじ込んでから、立ち上がって体重を掛けて隙間を広げて通ります。
くろべぇは、隙間があろうとなかろうと、力まかせに開けられるようです。
で、今回は祖母の部屋で起こったお話なのですが・・・
祖母の部屋には出入り口が3箇所あります。
1つ目は元ヨレ部屋側。これは両側に荷物や家具があり、完全封鎖状態です。
2つ目は廊下側。かなり渋いガラス戸なので、人が閉めてしまえば猫には開けられません。
3つ目は玄関側。これもかなり渋い襖ですが、少し隙間が開いていれば、どうにか猫にも開けられる状態です。
家が留守になる時は、二人に悪戯されないよう、2つ目3つ目の戸をきっちり閉めて出かけるのが実家の決まりになりました。でも特に用がないのか、多少の隙間があっても二人が勝手に開けて入っていく事はありませんでした。
朝実家に行くと、くろべぇが祖母の部屋に閉じ込められていた時がありました。
これは朝一番にここを出入りする母が、くろべぇがいる事に気付かずに閉めていってしまったんだろうと思いました。
昼に実家に行くと、ややが閉じ込められていた時もありました。
これは昼前に出かけて行く父が、ややがいる事に気付かずに閉めていってしまったんだろうと思いました。
で、今日はこの祖母の部屋に二人して閉じ込められていました。
今日の午後に、最後に家を出たのは私でした。
祖母の部屋の戸をきっちり閉めて、玄関で見送る二人に「ちゃんと留守番ぶっこいてるんだよ。」と念を押して実家を後にしたんです。
夕方になって再び実家に戻ると二人の姿がありませんでした。
戸の開いている部屋を全部探しましたがどこにもいません。
最後に祖母の部屋を開けてみました。
二人が部屋にいるんです。
戸は全部閉まっていたのに。
私が閉じ込めたはずはないんです。
考えられるのは・・・二人のうちのどちらかもしくは二人とも、襖を開けて閉められる!
※ただし、祖母の部屋の襖限定。
北さんのブログに書かれてありますが、うちには化け猫がいるのかも知れません。

カテゴリー: ダイアリー タグ:
  1. あさぎ
    2007 年 11 月 29 日 14:23 | #1

    いやそれは、二人と遊びたくておばあちゃんが…。
    なんて、非現実的ですね、やっぱり(^-^;;

  2. あんこ先生
    2007 年 11 月 29 日 14:38 | #2

    ややちゃん・・・くろべぇちゃん・・・・ΣΣ(゚д゚lll)マ、マサカ・・!
    私は、化け猫説を信じたいです。

  3. ハム
    2007 年 11 月 29 日 15:11 | #3

    私もおばあちゃんだと思いますっ。
    カメラ設置して真相究明してくださーい。

  4. kutaya
    2007 年 11 月 29 日 21:21 | #4

    化け猫説も捨てがたいが、おばあちゃん説に一票。
    私が小さいときに死んだうちの父もお盆とかに帰ってきていたらしく、気配(父の匂いだそうです)がすると霊感の強い母がよく申しておりました。
    年々減ってきて、今はもうそういうことはありませんが・・・。

  5. かるび
    2007 年 11 月 30 日 00:51 | #5

    不思議な事があるって何かいいと思うんですよね~。何でも解る事が多いと。ちょっとした秘密を手に入れたような、しかも心が暖かくなれる想像が出来る不思議。どうしてそうなるのか知りたいですが、不思議のままでいて欲しい気もします。

コメントは受け付けていません。