仲良くしてね

2007 年 5 月 2 日 13:00

ω通信
実家へ行くと、ややが元ヨレ部屋から庭を見ていました。
ややはあまり外に出ようとしません。
状況や年齢、性格からして、ヨレのように「脱走」的に出ていって帰ってこないという事にはならなそうなので、父も母も今までの飼い猫同様「ややが遊びに出たいなら出たらいい」というスタンスでいます。
ω通信
南風
「あ、くろ。こんちは。」
くろ
「ちわ。」
家に入ってややのところへ行ってみると・・・
ω通信
カツラ
「アンタ生意気なのよー!!!」
ややがカツラに説教されていました。
南風
「カツラ、ややが外に出たらいろいろと教えてあげてね。」
ω通信
カツラ
「こいつに!?」
ω通信
南風
「なんとなくお前に似てるし、可愛がってよ。」
ω通信
カツラ
「ハァッ!?」
ω通信
カツラ
「どこが似てるっつーのっ!!!!!」
ω通信
カツラ
「アタシそんなにズングリしてないし〜!」
ω通信
カツラ
「何ジロジロ見てんのさっ!!!」
ω通信
南風
「ややを可愛がってくれたら、美味しいもの分けてもらえるかもよ?」
ω通信
カツラ
「・・・とりあえずおケツ嗅がせなさいよ。」
ω通信
カツラ
「話しはそれからよっ!」

  1. 銀次郎と鈴
    2007 年 5 月 3 日 17:49 | #1

    ややタン、頭おっきいね!
    して、尻尾がこんなに長いなんて・・・あけみちゃんの血も入っているのかしら?
    それにしてもカツラ節、冴えるぅぅぅ!!!
    「オケツ嗅がせなさいよっ」家の鈴もよっく銀次郎に言ってます。

  2. 南風
    2007 年 5 月 6 日 15:50 | #2

    ややの父母は車じゃないと行けないところにいるので、うちの近所の子の血は入っていないと思います。

コメントは受け付けていません。